FC2ブログ

ピカ充

ネックレスまでピカチュウにしたのは完全に自己満足ですね(笑)

こんばんは、イーブイの日なのにピカチュウ尽くしな一日を過ごしたイヴです。


今日は月一回の、ひなじょさんとお会いする日でした。

ミスドのポケモンコラボドーナツを食べるのと、

Switch未所持のひなじょさんにLet's Go!ピカチュウのレクチャーをするのが目的です。


まず、ミスタードーナツへ。

お昼時ということもあり混んではいましたが、在庫多数で一安心。

ピカチュウの方が人気なのか、2トレー分用意されていました。

心配されていた表情のクオリティも杞憂でしたね(笑)

モンスターボールも包み紙2種あるように見せかけて、実はリバーシブル仕様です!

お土産用なのか、複数買ってお持ち帰りを選ぶ方が多い印象でした。


ピカチュウ味は外側はしっかりとバナナの味がするチョコで、

中は生クリーム、赤いほっぺはマーブルチョコでした。

モンスターボール味は単に2色のチョコをかけただけかと思いきや、

まず赤白2種類の円形ドーナツを作って真ん中で切り、

それぞれのパーツの間を黒いチョコレートの線で繋いだ仕組みになってました。

どちらも甘い味付けなので、飲み物はさっぱりした味のものを推奨します(汗)


その後Switchを遊ぶ場所として、コートダジュールを利用させてもらいました。

室料1時間無料クーポンがあったので、それも活用。

お互いカラオケ気分ではないとのことで、2時間ゆる~く遊んで終わりました。

私自身まだ全てを把握しきれてない部分もあり、説明不足感に内心恐縮してましたが、

見ているだけでも楽しかった、と興味は持ってもらえたようなので良かったです♪


クリスマス&忘年会も、またポケモンセンターに行くことになりそうですが(笑)

来月もよろしくお願いいたします。


追記>記事を書いた後で思い出しましたが、

今週末にニコニコ生放送でヒカルの碁鑑賞会やりますよ、ということで告知。

>ヒカルの碁 鑑賞会Vol.3 2周目

http://live.nicovideo.jp/gate/lv316831795


気になるのは次の一文――”今回は13~30話まで放送いたします!

……ん?

………ん!?

18話一挙放送だと!?(驚)

まず見間違いを疑い、次に誤植も疑ったけど、本当に18話放送する気らしい(怖)

唐突すぎる運営の暴挙の裏に一体何があったのか(謎)

これは自分の目で真相を確かめるしかないですね。


続きにて、ヒカルの碁鑑賞会2周目Vol.2の感想です☆



●○ヒカルの碁鑑賞会2周目 Vol.2○●

開始早々、今回は背景が白いので、読みやすいよう色コメでお願いしますというアナウンスが。なので今回はコメントがカラフルで溢れてる。

花ちゃんの衣装に対してパジャマと弄るのも通常通り(笑)

ただ、今回は集英社&ぴえろの関係者がスタジオに来てるらしい、なんの視察?(謎)

恒例のアニメアンケートでは初見は10%程度。

花ちゃんのジャンプ展の報告、原画ファイルの自慢が終わった所でゲストの紹介。

 

ゲストは青木裕孝初段。藤澤門下で今年棋士デビューした17歳とのことだが、背が高く、声も低くて大人びている。

好きなヒカ碁キャラを聞かれ、デフォルメ佐為が可愛いとのこと。

恒例のニックネームは、名前をもじってヒーロー(王子とか殿もいたから、と花ちゃん推し)

棋力アンケートはプロ18%(笑)、入門者・初心者が50%。

 

7路盤でルール解説後、ゲストとの黒番コミなし対局。

いつも通り初手天元。ヒーローの棋風は師匠曰く、地に堅いが劣勢ではごりごり押してくるタイプとのこと。

6手目で白が5-四に切ってきた。でもその後も比較的穏やかに盤面は進み、日本列島みたいに斜め横断する形でそれぞれの地を確定し、結果としては黒6目勝ち。対局中に地震があったとか、台風の避難勧告などのコメントが流れていたのが、生放送ならではだね。

鑑賞会の既視聴アンケートは、30%が全部、50%が一部見たことあるということで、継続視聴するコアなファン層が多い番組の様子。

そして、ヒーローは未成年ということで、後半は法の壁により消えるかも……とのこと(コメント読む時、目細めてるので意外と目悪い?)

 

第七局「お前とは打たない」

・中学生になったばかりのヒカル可愛いコメントが相次ぐ。

・おねえさん送迎の車で学校まで現れるストーカー。

・節電理科室(元々の配信画面自体が暗めの設定になっているっぽい)

・「君のことばかり考えている」愛の告白かな?(笑)

・あかりちゃんの「こうやって逃げる」は天才の発想だわ。

・尹先生、ストーカーを炊きつけないで(汗)

・桜は千年前と変わらず、という佐為の台詞に、ソメイヨシノが輸入されたのは江戸時代、平安時代に愛でたのはヤマザクラ等々、という補足説明はじめる輩が数名。

 

第八局「雨の中の策略」

・詰碁集含め3冊で1600円は安過ぎない?

・ドカベン青木先輩は人格者(同じ苗字のヒーローがゲストに呼ばれたのと関係ある?)

・MDで音楽聞いているのに時代感じる。と思ったらMD知らない世代もいるのか(驚)

・人が月にいく時代なのに、傘の不便さは変わらない。この台詞すこ。

・両手両足縛るとか、薄い本かな?コイツには逆効果かもしれない、のコメには笑った。

 

第九局「目ざわりな奴!!」

・突如リメイクするなら声優誰がいいって話題に。個人的には映像リマスターだけして、再放送するに一票。

・目隠し碁なのにハンデ無しとは?でもそんな状況でも煽ってくるアキラ(笑)

・流石に二人相手だと片手間にはできないらしく、完全に集中しとる。

・奥村ボロクソ言われてて笑う(笑)でも初心者の手が読めないのは、真理だよね。

・日高先輩、美人な上にかっこよくて惚れるわ!

・金子さんもいい人なのにね、失礼だよ失言王(笑)

・テニプリに居そうと言われる岸本部長(当時この後の放送枠はテニプリだったらしい)

 

スタジオに戻って、ヒーローについての紹介。今年入段したということで、最近の新初段シリーズの話とか。

若手の実力が上がってきてるということもあって、新初段も今はハンデなしの互先になっているらしい。しかも当日になって発表されるとか、それなんて盤外戦(汗)

でも小林覚先生相手に白番で勝ってる。検討室でちらっと途中経過を見た藤澤先生も、白が小林先生だと勘違いする程の安定ぶりだったらしい。

囲碁をはじめたきっかけは、級位者の父に教えられたから。8歳でアマ3段くらいの実力になり藤澤道場に。当時はプロになろうとまでは考えてなかったらしい。

囲碁学びつつサッカーもやり、進学校まで通ってた超エリート。ただ、流石にプロ試験との両立は厳しいだろうと見かねた藤澤先生が説得したものの、頑固な性格の為、意地で両立していたのだとか(汗)

なんとか囲碁のプロ試験は合格果たしたもの、代わりに単位が犠牲となり(合掌)足りなくなったので先生推薦でN高に入学したらしい。

将来は大学にも進学して、語学力を身に付け、世界で囲碁の普及活動をしたいというグローバルな夢を語ってくれた。

棋士で仲がいいのは、桑原くん(前の学校でも先輩にあたる)とか。でもガンダムどころかアニメ自体に疎いとのことで、アニメ布教係は桑原先輩に託された(笑)

身長は181センチ、洋楽とかが好きなので大学では英語を勉強したいとのこと。

ここで視聴者プレゼントのサイン色紙披露。運営が間違えて見開きタイプにしちゃったらしいけど、これはこれでいいね!揮毫した言葉は「専心」、色々頑張りたい事はあるが、囲碁を一番に頑張れるように、との思いを込めて。

 

第十局「3人目のメンバー」

花ちゃんの大好きな三谷の登場回。

・学校帰りにラーメンとか金持ちだなヒカル。

・三谷役の声優さんの声が良いとのコメント多数(ガンダム先生補足によると、巡音ルカと同じ人らしい。知らなかったわ)

・そして、ダケさん登場した途端に盛り上がるコメント欄。すごい人気だな(笑)

 

第十一局「最も卑劣な行為」

・ダケさん豹変。本気モードのプレッシャー半端ない。

・驚いてるヒカルの顔が可愛い。

・強い、速い上にごまかしも巧いと、本当にダケさん実力者だわ。

・1話の本因坊秀策の話を、ここの碁会所での客台詞にアレンジする演出良いね。

・集英社とぴえろの関係者いるのに、ゲイ専(ゲーセンの空耳)とか薄い本の話するなよ(※これが通常運転ですみません)

・ダケさん人気過ぎて、過去考察とかまで始まるのは草生える(笑)プロ目指して院生所属してたとかはありそうだけどね。

・TV中継の巨人対カープに反応してる勢が一部いる。

・一万は取られたけど、結果的に一万は儲けてるよね?ダケさん。

 

第十二局「三将はお前だ」

「山椒にしてくださるのではなかったのですか」のコメントは笑う(※正しくは三将)

・貸した20円はきっちり返してもらうヒカル、中学生には大事だよね。

・大会のオーダー順を深読みする尹先生……実際は本当に実力順なんですよ(笑)

・棋院のタバコ自販機250円、やっぱ物価安くない?

・桑原先生の中の人はクレしんの組長先生でもあったね(この方も故人なのが切ない)

・アキラのギラギラストーカー度高め。泣いてるのに怖いって執念やな。

・あかりちゃんに完全に胃袋掴まれてるヒカル(動物っぽくて可愛い)

・後ろに立つストーカー、で今回のアニメ放送は終了。対局は次回放送までお預け。

 

さて、スタジオに戻って棋譜解説の時間。

A:青木VSアキラ(藤澤先生の対局が元ネタで青木側)、B:ポスターの詰碁、C:三谷VSダケさん、D:アキラVS岸本。

1と3は1周目で解説済みなものの、ダケさん人気もあり3に決定(笑)元となった棋譜は無いらしい。

ある程度並べた所で次の一手クイズ。今日も花ちゃんに誘導されつつ∀にするガンダム先生(笑)

ここで現実にも存在する石のズレ問題に関する話。

大会などでは石のズレを防止する為に、服の袖をまくってくださいなどのアナウンスをする事もあるという。だが、プロ同士の対局であっても石がズレてしまうことは発生する。

すぐにズレに気づいた場合は、そこまで手番を戻してやり直してしまえば問題ないのだが、ズレに気づくのが遅く、もうズレる前とは別な盤面まで進んでしまった場合は、両方とも負けになってしまうらしい。プロ対局でも過去1回存在したことがあるとか。

本気モードになる前に15~20目くらいの差があったらしいのを、ひっくり返したダケさんって、改めて凄いと思う。その逆転劇には、右辺の制圧と下辺の一路ずらしが効いていたらしい(追加投入された石の大きさが微妙に小さいのが気になったけど(笑)

ここで法律の壁によりヒーローが撤収。花ちゃんに弄り回され、しまいには喰われそうになってたけど、これからも頑張ってね(笑)

 

ここでお便りコーナー。メール送信フォームが見つからなくて今回諦めたけど、やっぱり運営側の不備だったのね。それでも15通送った猛者たちが存在することが凄いわ。

裏でクラリスの番組やってるとか番組の本質が行方不明になる、オタトークが繰り広げられるのも通常運転です(笑)

藤澤先生の「育成(※後輩棋士の育成の意)」がゲームジャンルに聞こえくるのも仕方ないね(笑)

そして男性にしては珍しく甘党らしいが、脂肪がつきやすいので最近は控えてるとのこと。

まだ記録係とかやっていた頃、治勲先生が饅頭を箱で買ってくれたのが嬉しかったとかそんな思い出話も飛び出した(尚、その有難いお饅頭は翌日には全て平らげたとの事(笑)

ハロー囲碁も放送枠被ってるよね?と思っていたら、急遽被らないようにずらしたらしい。両番組ファンはこれで安心して、生で見られるね。

花ちゃんのキャラ押しはH×Hのキルアからはじまったらしい、グッズ買いにアニメイトにも行くとかそんなオタク話でも盛り上がって終了。

 

次はまた隔月で11月予定とのこと。

満足度アンケートは1が94.4%、4が0%だった。


[ 2018/11/21 22:21 ] 考察・感想文 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

白井イヴ

Author:白井イヴ

日常の呟きとか物書き
(主に二次創作)とか掲載。
公式様とは一切関係ございません。
無断転載は禁止です。

初めての方は「このサイトのご案内」をお読みください。