FC2ブログ

サトピカ キミにきめた!(11)

ジャンル>プレイ日記

ゲーム「ポケットモンスター ウルトラムーン」


内容・傾向>縛りプレイ内容感想をそのまま綴った記録

(エピソードRRクリアまで)


注意>

・長文が表示されますので、覚悟の上お読みください。

・シナリオネタバレ含みますので、閲覧は自己責任でお願いします。


了承された方のみ、続きをお読みください☆




アローラチャンピオン編~エピソードRR~

ポニの樹林から戻った翌日、自宅でのんびりとしているとマーマネが訪ねてきます。

あのコミュ症の彼がわざわざ訪ねてくるほど、深刻な相談のようです。

話を聞くと、なんと何者かにフェスサークルが乗っ取られたので助けて欲しいとのこと。

 

共に乗り込むと、プログラムごと書き換えられたフェスサークルは、魔王の城のような禍々しい姿に変わっていました(マーマネはちょっと気に入っている様子)普段通りゲストがいるのがシュールですね(笑)

広間もロケット団の城という名称になり、手持ちのポケモンも使えない状態になっていました。これではバトルを挑んで権限を取り返すことも不可能です。

しかし、バトルエージェント機能があったことを思い出し、レンタルポケモンでバトルを挑むことになりました(通信履歴があったら、フェスファンじゃない人と組むのかな?)

 

技構成と、使い慣れたでんきタイプ、そして伝説のポケモンっという理由で、サンダーを選びます。

Rロケットだんのしたっぱは、カントーらしくノーマルラッタを出してきました。

バトルには不慣れなので心配していましたが、あまごい&かみなりコンボで3タテできました(拍手)

勝利台詞はフェスサークルで設定した物のようです。

主人公が時間稼ぎをしている間に、マーマネは管理者権限を取り戻し、ロケット団を全員永久にログインできない状態にして排除完了。

感謝を述べた後に、お礼としてだっしゅつボタンと、この城も模様替えテーマの一つとして残してくれました(内部の色合いまで変わるのはレアですよね)

 

更に翌日、家でのんびりしていると、ニャースが新技「テレビの電源を入れる」を発動(笑)

臨時ニュースとして、エーテル財団の会見が放送されていました。

ポニ島の黒い雲の原因であった、ネクロズマの存在を公表しつつも、脅威は去ったので心配は不要なことを説明。

途中で画面からザオボーの姿が消えたのが気になっていたら、案の定、空に突如ウルトラホールが開き、レインボーロケットだんと名乗る存在が、エーテル財団を乗っ取ろうと押しよせてきました。乱れる画面の中、中継は切断。

ここでエピソードRRというタイトルが表示されました。

ククイ博士宅で同じくニュースを見ていたらしいリーリエが訪ねてきて、現地へ様子を見に行くようなので、追いかけます。

 

エントランスフロア以外は普段通りなのがシュールです(笑)もしやエーテル財団がこんなに呑気だから乗っ取られたのでは?まぁアローラは犯罪のない平和な地方だから仕方ないですね。あのロケット団が、保護区のポケモンに手を付けていない点は不思議ですが。

お久しぶりですと挨拶するビッケさん。あの、先日に樹林の入口でお会いしましたよね?(汗)社交辞令と受け取りましょう。

ロケットだんはカントーで有名ということで、旅したフラグを今回はここで活かしてきましたね(そういえば、主人公もカントー出身だから知ってる?)おおきいマラサダを貰います。

 

フェスサークル同様、見た目からして構造が変わってますね。スカル団の時には居たフリューゲル(触れ合いペリッパー)も流石に避難してました。

そして内通していた裏切り者はザオボーでした(知ってたけど)

彼は自分が出世できるなら手段を選びませんね、しかしトップになりたい訳ではないようです。しょくいんと組んでタッグバトルを仕掛けてきます。

そしてこちらの相方は……まさかのリーリエ!?!?(驚)

旅立ち回避どころか、一緒に戦えるようになるなんて夢みたいです。……でもトレーナーになるなら、ほしぐもちゃんもゲットして欲しかったなぁと思ってしまいます。ネクロズマ許すまじ(怒)

 

リーリエの繰り出したピッピはリフレクター、ひかりのかべに、うたう、ムーンフォースと補助寄り構成。

ザオボーのネンドールがだいちのちからを使ってきますが、一発は耐えられるようになれましたね。スリーパーはさいみんじゅつとゆめくいコンボなので、即ねむり回復させればゆめくい不発にできましたし(笑)ハギギシリはサイコファングが強かったです。

しょくいんの方は、複数攻撃技で完全ダブル向き。バークアウトで能力下げられたのもあって、長引きました。

リーリエの手持ちはピッピ1匹でしたが、倒れるタイミングでちょうど相手もザオボーだけになったので助かりました。

 

真っ白だった部屋は、黒と赤を基調にしたロケット団の城へと変貌を遂げていました。

探索を阻止するようにロケットだんのしたっぱ二人が現れますが、タッグとはいえ初心者のリーリエに連続バトルは難しそうです。すると、そこへ駆けつけたのはグズマ。自分の弱さを認めつつも、大事なものは譲れないと覚悟を決めたようです。

これほど頼もしいパートナーがいたでしょうか?グソクムシャが隣にいるだけで勝ちフラグに見えてきます。

 

両側に道があるので、まずは左側へ。

ワープ床とか懐かしい仕掛けですね、あとアイテムに見せかけたマルマイントラップも。人の壁で邪魔をしているつもりのようですが……逆に分かりやすくなってません?(笑)

挟み撃ちする予定だったのに、自分でワープパネル踏んで消えるとかアホ過ぎて。でもそこが憎めなかったりするんですよね。

素早くインファイトを決めてくるオコリザルが、意外と強かったです。

 

扉の先にいたのはアニキと慕われるアオギリ。アドバンス時代のデザインですね。ダサいメガイカリ付けなくて安心した(苦笑)

あと少しで野望を果たせる所で大波に飲まれ、気づいたら異世界にいたとのこと。帰る方法を模索しつつ、この世界でも海を増やしたいらしいです……あの、アローラって周囲海ですけど?(笑)

懐かしいポケモンたちが、マスターボールから出てきて驚かされました。レアなアイテムじゃなかったんですか?ウルトラホールならなんでもありなの?それとも増殖バグ?(笑)

カイオーガまで繰り出してきたのは若干驚きでしたが、制圧寸前って言ってましたもんね。主人公が存在しなかった世界軸のようです。

青と赤、二つの絵の裏にスイッチがあるようです。ポチッとなと押して、反対側の部屋へ。

 

右側は光る順を覚え、その順に床パネルを踏むという仕掛けでした。妨害手段、面白ポーズは平気だったのですが、流石にバトル挟むと忘れますね(汗)対戦は一度きりなのが救いでした。

扉の奥に居たのは知的だと称されるマツブサ。先ほど聞いたのとほぼ逆の話を聞いた後、バトルへ。

バクーダのじしんは強力でしたが、早さで勝ててるのが救いでした。グラードンも同じく、じしん持ちでしたが、遅いのと重みがあるので、くさむすび2発で倒せました。

 

2つの絵の裏のスイッチを押すと、階段の鉄格子が開き、様子見にしたっぱ二人が現れます。

またタッグバトルかと思いきや、グズマが一人で止めてくれました(※物理的な意味で)

もごもご口から漏れた情報を総合するに、今度は奥の部屋で、カードキーとスイッチを起動する必要があるようです。

そして、騒ぎを聞きつけ部屋から現れたアオギリとマツブサは、言い争いの最中に結界(?)らしきものに触れて消えてしまいました(お互い、別の平行世界から来たっぽい)

 

2階の左側は、これまた懐かしい矢印パネル。壁で止まるまで、くるくる回る仕様でしたね(トイレ我慢してる人の為に速攻で勝ったけど、彼の尊厳守れなかったよ……(苦笑)

部屋にいたのは、不愛想で感じ悪いらしいアカギ。彼って心がない世界を求めていたんでしたっけ?うろ覚えです。ロトム図鑑にも興味を持っていたのが、科学力を持つ彼らしいですね。邪魔した影はギラティナでしょうか?

パルキアのだいちのちからが強く、久々にふっかつそうで繋ぐ羽目になりました。

ギンガだんのカギの説明が、昔のテキストまんまで懐かしかったです。即壊れてなくなっちゃいましたが。おしおきされちゃう?(笑)

 

2階の右側には多数のニャースの見張り像。前を通ると警報が鳴って、驚いて部屋の入口まで戻されてしまいました(経験値稼ぎできるかと期待したのに残念)

巨大なスイッチを運ばせた男はフラダリでした(彼だけ人間性評価じゃないのか(笑)

XYにもあった、2つのスイッチから一つを選択させられるテスト。青い方を押しましたが崩壊スイッチだったので、もう一つのスイッチを押して停止させることになりました。

ギャラドスがメガシンカしてきたのは驚きでしたね(地味に、シナリオ初のメガシンカ?)

フラダリには、破壊の象徴であり、また彼のトレードマークである赤色の、イベルタルが似合いますね。

二つの鍵を起動し、鏡の間の奥への扉が開きました。

 

奥へ進もうとすると、騒ぎを聞きつけたらしいゲーチスが現れます。

彼は世界の頂点に立つ為、その王となる駒の役割をサカキに与え操るつもりのようです。……人の心を持たぬ化け物より制御しやすいとか、Nさん可哀想(泣)

あくタイプが多かったのでかわらわり、レシラムは玉砕ボルテッカーで突破しました。

 

負けると今度はリーリエを人質に取り、ボールを手放せとどこまでも卑劣でゲスい性格ですね。

すると、突如アクロマが沸いて現れます。透明マシーンで姿を消し、主人公を尾行していたようです(いつから居たの?(驚)

アクロマがゲーチスを別世界の呼びするってことは、この世界は歴代主人公達が敵を退けた後の世界なのでしょうか。

アクロママシーン1102号によりゲーチスを元の世界へ強制送還します。アクロマ曰く、マシンで彼らを送還させるには、バトルで勝ち、精神を落ち着かせる必要があるようです。

 

奥の部屋へ進むと、床に倒れ臥すルザミーネと黒服の男ことサカキの姿が。子供に邪魔された経験をお持ちのようで、この状況に懐かしみを覚えている様子です。

ウルトラビースト軍団を作る為にはエーテル財団の科学力が必要とのことで、ルザミーネも洗脳して操る気のようです。

そんなことを許す訳にはいかないと、バトルへ。

 

戦闘開始のBGMが懐かしいですね(泣)指ぱっちんで指示出すのも渋くてカッコイイです。

そしてダグトリオを見て、彼がじめんタイプ使いであることを思い出しました……(合掌)

恒例となったふっかつそうで繋いで、ひたすらじしんのPP切れを待ちます。ステルスロックを撒かれたのも地味に痛いですね。

足が遅いドサイドンだけは、くさむすびを決めてすぐ倒せました。

最後に登場したのはミュウツーで、しかもメガミュウツーYに覚醒するという本気度(汗)

素早さでは勝てないので、でんこうせっかやフェイントでちまちま削ります。キミきめ帽がリフレ効果頻発してくれたのも助かりました。

サイコブレイクもサイコキネシスも耐えられませんでしたが、れいとうビーム、はどうだんは耐えられました。40個近くあったふっかつそうも使い切ってしまったので、後半はすごいきずぐすりやまんたんのくすりで凌ぎます。

相手にも一回かいふくのくすりを使われ長期戦化……結果、ミュウツーがわるあがきで自滅というちょっと悲しい結末を迎えました。でもなんだかんだで、わるあがき状態まで行ったのは初めてですね。

サカキの台詞に「激しい戦いだった」とありましたが、本当に言葉通りですよ(苦笑)

 

主人公とバトルしたことで心を動かされたサカキは、今回の件からは潔く手を引いてくれるようです。この潔さが大人のカッコよさであり、彼のカリスマ性の源ですよね。

辺りは元通りの風景に戻り、ルザミーネも無事目を覚ましました。追いついてきたアクロマは、ポケモンとの絆がある貴方なら勝つのも余裕でしたね、と言ってましたが絶対バトル見てないですよね?(笑)

柱の影に隠れていたザオボーは、最初は苦しい言い訳で逃れしようとするも、結局逃げていきました。後に、ヒラ研究員に降格処分されたようで……まぁ解雇されない分、寛容な会社ですよね。

リーリエからお礼の言葉、ビッケからは報酬として、でかいきんのたま55個を受け取ります。レインボーロケット団の活動資金だったらしく、奥の部屋に隠されていた物をそのままくれたようです。

売却すれば110万円……端数の5個は、サンのUBイベントよりも若干割り増す為なのでしょうね。

最後は建物の影でニヒルな笑みを浮かべ、消えていくサカキで終了です。

 

  • ピカチュウ♂(オリジナル帽) Lv86

    フェイント、ほうでん、かみなり、かわらわり

    もちもの:おまもりこばん

  • ピカチュウ♂(カロス帽)        Lv84

    10まんボルト、くさむすび、かわらわり、アイアンテール

    もちもの:たつじんのおび

  • ピカチュウ♂(キミにきめた帽)Lv84

    でんこうせっか、10まんボルト、ボルテッカー、アイアンテール

    もちもの:じしゃく

[ 2018/01/24 00:00 ] 冒険記:ポケモンUムーン | TB(-) | CM(-)
プロフィール

白井イヴ

Author:白井イヴ

日常の呟きとか物書き
(主に二次創作)とか掲載。
公式様とは一切関係ございません。
無断転載は禁止です。

初めての方は「このサイトのご案内」をお読みください。