remakeではなくrefine

木曜に更新しようとしたらエラーで弾かれ、結局今日になりました(笑)

こんにちは、映画「キミにきめた!」を観てきたイヴです。


FC2さんは自動で下書き保存されるので、一からやり直しにならないのが救いです。

(Jugemさんでは、投稿前にコピペする予防策が必要でした(汗)


映画の感想についてはネタバレ含みますので、続きにたたんでおきますね。

ネタバレにならない範囲で見どころを書いておきますと、

・無印の名場面が凝縮された映画!

・歴代映画のオマージュ溢れるシーンが満載!

・音楽アレンジが神!

と、まぁ個人的満足度は高めです。

初めて観る人、昔は観てた人、そしてずっと観てる人……誰でも楽しめるかと。

パンフレットも軽くネタバレあるので、閲覧は鑑賞後推奨です。

とりあえず、これでお気に入りサイトさんの感想文を読みに行けます(笑)


映画公開に合わせて、深夜枠でも10週アニポケ特選を放送するようです。

初回は第1話のデジタルリマスター。

映画の予習も兼ねて、先日久々に観たところ……懐かしさが止まらなかったです。


まず映像がデジタルリマスターにより、凄く綺麗になっていて感動!

そして最初をゲームと同じ、ゲンガーVSニドリーノにしたのが熱いですよね。

(今更ながらアナウンサーの声がタケシ役のうえださんだと気づく(笑)

松本さんも声が若い!ちょっとうざいシゲルの存在も懐かしい~。

(世界観が曖昧な初期なので、「オーキド研究所」の表札が日本語そのままだ)

大谷さんの声はこの頃から反則的に可愛い(萌)

骨が透ける演出やダジャレ台詞も懐かしいですね(脚本の首藤節炸裂?)

そしてピカチュウとサトシの心が通うところで、目頭が熱くなり……。

うん、30分とは思えないほど濃厚に中身が詰まった話でした。


予告によると、次回はバイバイバタフリー。

全シリーズだと大変だから、映画に関係しそうな無印から10話だけでしょうか?


続きにて映画「ポケットモンスター キミにきめた!」の箇条書き感想☆

ネタバレ含みますので、閲覧は自己責任でお願いします。




・上映前&後のマーシャドー受け取りアナウンスのジョーイさんもしょこたんかな?

本編と同じ声っぽかったし。


~本編感想~

・リーグ決勝戦の中継。

既に宣伝映像では流れてたけど、ソラオとスイート(ミュウツーの逆襲の2人)

台詞は無いもののガッツリ映ってましたね。

そして、アナウンスも無印第1話と同じく、うえださんだ~(拍手)


・無印第1話の出会い~旅立ちを15分くらいに圧縮した感じ。

シゲルは回想でゼニガメ貰っている背中ワンカットのみ登場。

ピカチュウは可愛いデザインになって、気難しいから小悪魔的な印象になりました。


ポケモン図鑑が無い世界らしく、サトシがポケモンの名前に詳しい(驚)


・オニスズメの群れがCGにより巨大な群れに。これは逃げないとやばい(怖)


・崖から川に躊躇なく飛び込むサトシさん(←お前、本当に初心者か?(笑)


・庇われたピカチュウが駆け上がり電撃を放つシーンで、落雷が足りない!


・ホウオウを見送るシーンの後、OPへ。


めざポケOPアレンジはやっぱり熱い!鳥肌が止まらない。

さりげな~く、映像中でキャタピーもゲットしてるし。

そしてCMで流れてたのが、殆どOP映像だったと知って衝撃を受ける(驚)


・開幕のジム戦がエリカさんだけど、これでバッチ3つ目?

(そういえば、アニメでは回る順が自由って設定もあった気がする。

無印シゲルはゲームにないバッジも集めてたし)


・登場人物たちもそれぞれ、今までの登場キャラを彷彿とさせますね。

マコトは、髪結んでる&水タイプ使い&家族に劣等感=カスミ、

ポッチャマを連れている=ヒカリ。

ソウジは料理&治療担当=タケシ。

クロスは実力主義&炎タイプ御三家を捨てる=シンジに似ている。

(文字を着色して気付いたけど、イメージカラーがRGBだ)


・雨の中、トレーナーを待つヒトカゲ。

今回はダイスケではなく、クロスに捨てられたポケモン設定。


・三犬の登場時間は、歴代映画での扱いに準じた形?

(エンテイ:主役>スイクン:準主役>ライコウ:アニメSP)

スズの塔の件、神話的で好み……もしや金銀VCへ繋ぐ狙いもあります?


・寒いからボールに入ってろと言っても、勝手にボールから出てくる

=イワークでビバークとかを思い出す。


・ロケット団の登場も意外と早かったですね。

アニメと違い、サトシたちを追う目的はピカチュウではなく、

珍しいポケモンを捕まえる為に、その遭遇率が高い彼らを追っている感じでしたが。

でも数回「やな感じ~」と言うだけで出番は終了(ある意味ブレないけど(拍手)


・マーシャドーの初登場は、潜んでいたエンテイの影。


・ラプラスで波乗りの音楽流されたら、ゲームファンには堪らない!


・虹色の羽が悪しき心に触れると色褪せるのは「こころのしずく」っぽい設定。

「虹の勇者」って響きは「波導の勇者」っぽい(ちょうどルカリオもいるし(笑)


・サトシさん、ライバルに負けたことで闇落ち。

マーシャドーの悪夢(?)で色のない世界で足元が崩れたりといったシーンは、

ダークライのナイトメアを彷彿とさせる。


・サトシ夢の中で学校へ行く。そしてサン&ムーンへ(違)

超現実的な学園背景ってポケモン初登場じゃないですか!?(驚)

(そして先生役がキクコとか、これはパンフ見ないと分からないわ~)


・無印語る上では、バイバイバタフリーは外せないよね。

ちゃんとピンクのバタフリーで、羽模様も♀仕様になってました(素敵)

これも本来の話を10分くらいに圧縮した内容ですが、

劇場からはすすり泣く声が聞こえていました。


サトシが本当に10歳の子供。喜怒哀楽が激しい。

バタフリーとの別れに、顔隠さず思いっきり泣いてるのが新鮮。


・ソウジ「トレーナーは育てることはできても、生み出すことはできない」

えっポリゴンやミュウツーやゲノセクト、マギアナの存在は……?

ゲームでは育て屋に預けるとタマゴできるよ?(笑)


・テンセイ山のてっぺんの水晶、色変わったりするのも含めて、波導の水晶っぽい。


・ライバルとのリベンジマッチ。バトル中にリザードンへ進化する展開は熱い!

……ゲーム勢は、なんで必殺技がちきゅうなげなんだ?って思いそう(汗)


・負けたことを認められないクロスは、サトシから羽を奪い取ってしまう。

羽が色褪せたことにより、人間を正さなければならないと判断したマーシャドーは、

ポケモンたちを操り、攻撃しはじめる。


・自分を捨てた元トレーナーであろうと庇うリザードン。

それをきっかけに、暴走した自分のルガルガンを身体を張って止めに行くクロス。


・崖際に追い詰められたサトシとピカチュウは、旅立ちの日と同じ状況に。

庇うサトシの前に駆け出るも、今回は攻撃する余力もなく崩れ落ちる。


・そして、ピカチュウがしゃべった~!?(パンフ曰く、サトシの幻聴らしいけど)

XY&Zで大谷さんがライバルのショータとして喋ったことはあるけど、

これは初の試みですね。賛否両論ありそうですが。


・そして恐らくこちらも初となる、サトシがピカチュウをボールに戻すシーン。

ボールから出てきたピカチュウが見た光景は……ミュウツーの逆襲と被りますね。

本編でのサトピカシーンが、こんなに切ないものだとは思わなかったわ(泣)


・サトシとピカチュウ、お互いを想う絆が奇跡を呼んでハッピーエンド。

ちゃんとホウオウともバトルしたようですし、良かったねホウオウ(ぇ?)


・最後、木の下にいるサトシとピカチュウ(パンフでは湯山監督のコメント背景)

これアニメED「そこに空があるから」とかの映像を意識してるのでしょうか?


・オラシオンは浄化曲ですね。癒されます~。

ワンカットですが、今までの映画の場所や旅の仲間が出てきたのも良かったですね。

アイリスのシルエットクイズだけ難しかったけど(笑)

ライバルもいたら完璧でしたが、誰を選ぶか難しい部分もありますからね。

あと個人的には、セレナは短髪Verの方が良かったなぁと思います。


~パンフレット感想~

・映画の半券と劇場スタンプを残せる場所があるの良いですね。


・おまけはキャップスロー(輪投げ)とトリックカード(開く面で絵が変わる)、

それに両面ポスター(映画歴代主役ポケモン集合&151匹を背景にしたサトピカ)


・湯山監督のコメント「物語をremakeではなくrefine(精製)した」

まさにそんな感じの凝縮感のある映画でしたね。

なんだかんだで20年間、総監督お疲れさまです。


・山ちゃんも映画ゲスト皆勤賞達成おめでとうございます!

今回は主要キャラの割に、予想を裏切るレベルで台詞少なかったけど、

でもテレパシー会話じゃなくて良かったと思います。


・レギュラー声優陣へのインタビュー

松本さんと大谷さんがメインなのですが、

林原さんや三木さんに犬山さん、石塚さんも一緒に載ってます。

特にロケット団は、リアルでも仲が良いようで微笑ましい~。


・クレジットに一部脚本として首藤さんの名前が入っている(泣)


以上です。

本当に久々に前売り券を購入してまで観に行った作品でしたが、良かったと思います。

[ 2017/07/30 16:36 ] 考察・感想文 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

白井イヴ

Author:白井イヴ

日常の呟きとか物書き
(主に二次創作)とか掲載。
公式様とは一切関係ございません。
無断転載は禁止です。

初めての方は「このサイトのご案内」をお読みください。