FC2ブログ

マグナゲートと∞迷宮の記録(あらすじ集)

ジャンル>プレイ日記「ポケモン不思議のダンジョン~マグナゲートと∞迷宮~」

 

内容・傾向>ゲーム内のあらすじ抜粋

 

注意>ネタバレ含みますので、閲覧は自己責任でお願いします。
「主人公」「パートナー」にはゲームで入力した名前が入ります。

 

了承された方のみ続きをお読みください☆
 


マグナゲートと∞迷宮

~これまでのあらすじ~

 

人間からポケモンになり ポケモンの世界へ

落ちてしまった 主人公は そこで

パートナーと出会う。そして いっしょに

ポケモンパラダイスを つくることになった。

まずは家が必要だ!

2匹は大工を探すことに……。

∞ ∞ ∞ ∞ ∞

大工は 宿場町にいた。その親方である

ドテッコツは 水色の石をくれれば家を

建ててくれると言う。

水色の石を求め 主人公達は石の洞窟へ

行くことになった。

∞ ∞ ∞ ∞ ∞

大工のドテッコツは 水色の石をくれれば

家を建ててくれると言う。

主人公達は 石の洞窟へ行き

水色の石を取って来た。

ところが……

∞ ∞ ∞ ∞ ∞

家を建てた主人公達。

その主人公達に ヌオーは掲示板の

仕事をすすめる。

その記念すべき初の仕事は トントン山で

まいごになったノコッチを助けに行くと

いうものであった。

∞ ∞ ∞ ∞ ∞

ビリジオンの冷たいたいどに ノコッチは

きずつき 食堂を飛び出してしまう。

ノコッチが心配だ!

主人公達は ノコッチを探すが……

∞ ∞ ∞ ∞ ∞

主人公達に仲間ができた!

しかも ノコッチ エモンガ ビリジオンと

一気に3匹も!

やった! これでチームが つくれる!

∞ ∞ ∞ ∞ ∞

なんと ドテッコツが パラダイスセンターに

お店を開いた!

これからは まじめに仕事に はげむらしい。

パラダイスセンターも 少しずつ にぎやかに

なってきた!

∞ ∞ ∞ ∞ ∞

掲示板のお仕事にはげむ 主人公達。

ある朝 みょうな風が ふきはじめる。

この季節になると いつもVウェーブが

ふくのだという。

すると とつぜん 空から なにかが!

じゃ~~~~ん!! ビクティニとうらい!!

∞ ∞ ∞ ∞ ∞

ある朝 丘の上から しんきろうが見えた。

そこに うかびあがったのは はるか北に

そびえる 大氷河の光景だった。

「いつかは あそこへ冒険に行ってみたい!」

主人公達は より実力をつけるためにも

掲示板の仕事にはげむのであった。

∞ ∞ ∞ ∞ ∞

ある日 わくわく冒険協会より お知らせが

とどいた。それは 近ごろ 宿場町の周辺で

あやしいポケモンが うろついているという

注意をよびかけるものであった。

∞ ∞ ∞ ∞ ∞

ハハコモリの子供 クルマユが いない!

あやしいポケモンの話もあるし心配だ!

ハハコモリに たのまれた 主人公達は

クルマユを探しに シキサイの森へ行く。

∞ ∞ ∞ ∞ ∞

クルマユは シキサイの森にいた!

主人公達は クルマユを連れ 宿場町に

もどると そこには 心配した みんなが

待っていた。よかった! 無事で!

∞ ∞ ∞ ∞ ∞

ある日 見知らぬポケモンが 宿に運び

こまれた。名前は ブラッキー。

ダンジョン研究家だという。

∞ ∞ ∞ ∞ ∞

何者かに おそわれた ブラッキー。

エーフィとは その時に はぐれてしまった

のだと言う。エーフィは 今も追われている!

主人公達は エーフィを助けるため

ドウコクの谷へと向かうのであった。

そして……

∞ ∞ ∞ ∞ ∞

ブラッキーとエーフィが 仲間になった!

しかも いっしょに大氷河へ行くことに!

ブラッキー達の研究も あとすこしで

完成するらしい。

それがおわれば 出発できる! 大氷河へ!

∞ ∞ ∞ ∞ ∞

ついに エンターカードが 完成した!

主人公達は いよいよ未知への大冒険!

大氷河へと いどむ!

∞ ∞ ∞ ∞ ∞

大氷河の冒険を続ける 主人公達。

ついに氷山まで たどり着くと その中は

巨大なドームになっており 中央には

氷の柱が かさなるように つき出ていた。

まるで大きな…氷の城のようにも見えるが……。

∞ ∞ ∞ ∞ ∞

大氷河への冒険は 大成功でおわった。

そして 主人公達にとっては また

いつもの生活がスタートした!

∞ ∞ ∞ ∞ ∞

ある日 主人公の夢の中にムンナが

あらわれる。ポケモンの世界に来る前に

聞こえたあの声と やっとつながったのだ。

ムンナは サザンドラに追われている。

主人公達は パラダイスのみんなに事情を

話し ムンナの救出へと向かう。

∞ ∞ ∞ ∞ ∞

ムンナのところまで たどり着くと そこには

予想外の てんかいが待ち受けていた。わけも

わからず ひっしに にげる中 主人公は

パートナーと はぐれてしまう。

追手は なおも せまってくる。

とにかく今は にげるしかない!

∞ ∞ ∞ ∞ ∞

主人公をポケモンの世界によんだのは

ムンナではなく サザンドラであった。

ポケモンの世界はいま 氷触体という

なぞの物体によって ほろびようとしている。

サザンドラは 氷触体の破壊を 人間である

主人公に求めたのであった。

∞ ∞ ∞ ∞ ∞

パートナーが ムンナ達に つかまった!?

ワナかもしれない……しかし だからといって

みすごすワケにもいかない! 主人公と

サザンドラは パートナーを助けるために

ムンナ達が待つ 風穴の丘へと向かう。

∞ ∞ ∞ ∞ ∞

パートナーを無事 助け出した主人公達。

そして パートナーは ことの真相を知る。

このままだと 世界は……!

主人公 パートナー そしてサザンドラの

3匹は まずはパラダイスに帰ることを

決意する。

∞ ∞ ∞ ∞ ∞

ポケモン達の未来は まだ望みがある!

みんなが あきらめずに 前を向けば……!

みんなの心が ひとつになれば……!

そして 主人公達は 向かう。

浮上した グレッシャーパレスへと!

∞ ∞ ∞ ∞ ∞

グレッシャーパレスが 移動している!?

だんだん近づいてくるグレッシャーパレスに

ポケモン達は 不安をかくせずにいた。

一方 ついにグレッシャーパレスへ たどり

着いた 主人公達は 氷触体の破壊へと

向かうのであった。

∞ ∞ ∞ ∞ ∞

たのむ! どうか世界を……!

仲間達 そしてムンナ達からも思いを

たくされた 主人公と パートナーは

いよいよ 大結晶の塔へと いどむ。

パートナーの息があらい。氷触体がちかい。

最後の戦いの時がせまる。

∞ ∞ ∞ ∞ ∞

氷触体が こわれてから 月日はたち

ポケモンの世界では 平和な日々が つづいて

いた。いつもと変わらぬ風景……

ただひとつ……主人公がいないことを

のぞいては……。

∞ ∞ ∞ ∞ ∞

主人公さんが この世界にいても

だいじょうぶな方法が あるかもしれません!

サザンドラのその言葉に みなが おどろく。

宇宙律の丘で願い事をした時 宇宙のバランスが

くずれなければ その願いは現実のものとして

受け入れられるのだと言う……。

∞ ∞ ∞ ∞ ∞

主人公が 帰ってきた!

ポケモンの世界に!

これからも冒険に パラダイスづくりに

がんばろう!

∞ ∞ ∞ ∞ ∞

[ 2016/01/29 19:02 ] 冒険記:ポケダン∞迷宮 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

白井イヴ

Author:白井イヴ

日常の呟きとか物書き
(主に二次創作)とか掲載。
公式様とは一切関係ございません。
無断転載は禁止です。

初めての方は「このサイトのご案内」をお読みください。

月別アーカイブ